【2世帯住宅】一つの土地に二つの住宅を建てることはできない!?

こんにちは!牛乳を持って帰って!という家内の指示を忘れないでいたら、自分のカバンを持ってかえるのを忘れてしまった代表の小澤雅志です(;-_-;)

一つのことに集中すると、ほかを忘れる。。。これは認知症の始まりなのだろうか^^;

常に頭は働かせていないといけないですね^^;


先日住まいづくり相談会で同一の広い敷地に二棟の家を建てることについて質問相談がありました

親世代と子世代が一緒に暮らす二世帯住居形式を検討されている方々にとって

これは非常に魅力的な構想です

しかし建築基準法上の制約で

一つの土地に二つの建物を建てることは原則として許可されていません


では、どのようにしてこの問題を解決できるのでしょうか?

その方法と考慮すべきポイントを詳しく解説します。


二世帯住居を検討する際の法的制約
建築基準法では、一つの土地には原則として一つの建物しか建てられないと定められています

これは、火災時の延焼リスクを低減するなどの安全上の観点から設けられている規則です

したがって、一つの土地に二つの住宅を建設したい場合、法的な対応が必要になってきます

案外知られていないですね

そもそも『住居』の定義は
①台所
②トイレ
③浴室

この3点が揃っていると『住居』と扱われます

逆にいえばどれか一つがない状態であれば・・・

なんとなくそこは押さえておいてください
<(_ _)>


土地の分割と分筆
解決策の一つとして、土地を分割(分筆)する方法があります

これにより、法的に独立した二つの土地として扱うことができるようになり

それぞれに建物を建てることが可能になります

ただし、この方法では、登記の変更や住宅ローンの取り扱いに注意が必要です


もっとも本当に『分筆』するのかどうか

そこが焦点でもあります
<(_ _)>

渡り廊下でつなぐ解決策
もう一つの解決策は、渡り廊下を使って二つの建物を繋げることです

これにより、法的には一つの建物とみなされるため

建築基準法の制約を回避できます

渡り廊下は壁と屋根で囲まれている必要があり

単なる通路では認められません

この方法なら二世帯がそれぞれ独立した空間を持ちながらも

必要に応じて容易に行き来ができます


理想はこれかな、と個人的には感じています

横での往来はプライバシーの確保もでき

天候に関係なく実家へ帰省できますね(笑)

以下の点に注意ですね^^

渡り廊下の設計とコスト
渡り廊下の設計には、開放性や耐火性などの要素が重要になります

また、建築士と相談し

建築基準法の要件を満たすようにしっかりと計画を立てる必要があります

費用は設計によって異なりますが

一般的には数十万から数百万円の範囲で考えられます


考え方でいろいろ変わりますが

条件的に難しい場合は

"あとからつなぐ"

と そんなこともありえるか?な?(苦笑)

まとめ
一つの土地に二つの住宅を建てることは

法的な制約や安全上の問題から簡単ではありません

しかし、適切な計画と専門家との相談を通じて

これらの問題を解決し

二世帯が快適に暮らせる住宅を実現することは可能です

このブログを参考に

自分たちの理想に合った家づくりを進めてみてくださいね

断熱材の落とし穴: 解体コストを見逃すな!


みなさん、こんにちは!

今年は冬がほとんどなかったなあ~と
さみしいような楽でうれしいような、ちょっと複雑な胸中の
小澤雅志です!(´~`ヾ)


そうは言ってもやっぱり冬は寒い

当たり前ですが^^;

家づくりには『断熱』が必須です


『断熱』は
躯体(くたい)と呼ばれる壁、天井、屋根、床、基礎の部分と

窓部分と大きく2つに分けられます

今回はその『躯体』の断熱について

発泡ウレタン と グラスウールにスポットを当ててお伝えします


まず発泡ウレタンについてお伝えします

この素材
断熱性能においてはグレードによっては最強といえるくらい本当に素晴らしいです

家の中を快適に保つ力が非常に高く

隙間なく密着してくれるため気密性がかなり高く熱の移動がかなり少なくなります

また防音効果も期待できます

外の騒音を気にされる方にもおすすめです。

ただし注意していただきたいのが建物の解体時です

新築をお考えの方には解体のことを想像することは難しいかもしれませんね

発泡ウレタンは固まると構造体にしっかりと付着してしまうため

取り除くのに非常に手間とコストを要します


専門的な技術が必要な場合もあり

業者によってはかなりの費用がかかることもございます。

次にグラスウールについて

グラスウールも断熱材としてはかなり前から存在する非常にポピュラーなものになります

断熱性もそこそこ担保できて

何よりコストパフォーマンスが良いのが特徴です

また原料がガラスのため耐火性があるため

安全面でも安心してご利用いただけます


防音効果についても一定の効果が期待できます

しかしグラスウールにも気をつけないとならない点があります

それは湿気にやや弱いという点です

弱いというよりは湿気を保持しやすく

長期間使用すると性能が低下する可能性があります

また取り扱う際には繊維が肌に触れるとチクチクすることがあります

ご注意ください


結局のところ

発泡ウレタンとグラスウール

どちらが良いかはその建物の使い方やご予算

将来のメンテナンスや解体を考えた上で

総合的に判断いただく必要があります

発泡ウレタンの高い断熱性と気密性を取るか

グラスウールのコストパフォーマンスと取り扱いのしやすさを取るか

それぞれのメリットとデメリットを考慮して

最適な選択をしていただければと思います


ちなみに小澤工務店としては今後できるだけ現場発泡ウレタンは減らしていきたい

そんな風に考えています

ペアローンの難しさ


こんにちは! 先日MISIAのライブに行って超感動して

心が気持ちよくなった代表の小澤雅志です
(*´∀`*)ノ☆.。.:*・゜


一流に触れないとダメとある先生からよく言われますが

MISIAはすごいです

一流すぎます!

福井でも見に行った方も多いのではないでしょうか!

県外ナンバーめちゃくちゃ多かったですけどね^^;

今は余韻で車の中はMISIAの音楽で満たされています。笑

さて今日は住宅ローンの大事なところのひとつ

ペアローンについてです


住宅ローンを組むときに

一人で組むかそれとも夫婦ふたりで組むか

よくよく考えていかないとなりませんね


NHKのドラマで『正直不動産1』で

ペアローンがテーマのときがありました

ペアローンは1馬力が2馬力になるため

よりよい住まいを購入できるメリットがありますよ、と

これは当たり前のことですが

ペアローン組んで離婚などになると

むちゃくちゃ大変ですよ と正直に伝えていたのが印象的です

そこは住宅営業マンや金融機関さんは周知の事実ですが

そんな話 正直にできるわけがない(笑)


まあこれはドラマの話なのでそれはそれで勉強になった人もいたと思います

ただしまだ注意しなければならないことがあります

それは返済途中でいずれか一人がなくなってしまう場合です


今日の新聞記事に

ペアローンの方むけの団体信用生命保険の商品のことが書かれていました


従来のペアローンだと

それぞれの債務残高が保険金額になるため

残された側の債務残高はそのまま残ることになります

生活が激変するなかで自分の返済分はそのまま継続していくのが当たり前でした

たとえば4000万円で土地と住宅を購入する場合

一人でローンを組むのは相当に厳しいので

夫婦で2000万円ずつローンを組みます


共働きであれば2000万円ずつであれば

ローン組むことが可能な世帯は福井の場合は多いでしょうね

通常のペアローンでは万が一があった場合はお一人分の2000万円分は保険で対応できますが

残った方の2000万円はそのまま返済していくことになります


新しいペアローンの団体信用生命保険は

それぞれが4000万円の保険に入ることで

万が一のときにすべて完済し

次の生活へスムーズに移行してくことができるものになっています


まあそうはいってもより高い生命保険商品になるのではないか?との懸念もあるため

まだ私もわからない状態です

あ、離婚の救済措置はないとは思いますのであしからず^^;


何を優先して住宅ローンをくむか重要ですね


そこをよく考えて

後々大変なことにならないようにしたいものです

すべての変化スピードが尋常でない時代(雑感)

こんにちは!

テアトルサンクでは映画料金なんと50代になると割引がきく!

こんな年になってきたんやねー(*´∀`*)ノ

と嫁さんとしみじみ思ってしまった

代表の小澤雅志です( ゚∀゚)


『ゴジラ』よかったよ!とヨガの先生からすすめられ

個人的には『サイレントラブ』(って柄ではないですね。。。)もいい、な、と

それから福井ロケ関連で

『おしょりん』と『罪と悪』

が興味ありますね

迷ってまだどれも行けていないですが(苦笑)


レンタルビデオ全盛時に

一時期まったく映画館へ行くことがなくなりました


しかし今はオンライン配信もありレンタルビデオ店が泣かず飛ばす。。。

映画館は更に衰退か?と思えばそうでもなく

逆に映画館ならではの良さを存分に引き出し復活

こうしてみているといろんなことはどれも同じだな

とつくづく感じます


世の中の変化は凄まじく

実に気忙しいと感じているのは私だけではないかもしれないですね

家で映画を楽しむのもほんとに楽になりましたね


出かけなくても家で選び見ることができる

いったいこんな時代を想像することできていたでしょうかね。。。


家もどんどん変わっていきますね

3Dプリンタでできる住宅とか考えらなかった

でも発想を豊かにしていけば

この世の中まだまだできることは多い!


固定観念に縛られず

生活の困ったを少しでも良くする

この思いが発想の転換・新技術への挑戦ですからね
^^

今年もリフォーム補助金があつい!?

こんにちは!寒い冬はニット帽が離せない代表の小澤雅志です^^;
んーほんとに頭が冷たいんです^^;
髪の毛バンザイ!家で例えるなら断熱材でしょうかね(苦笑)

断熱材といえばやはり冬の寒くない家をつくるためには絶対必要ですね

『断熱材』ではないですが

家の断熱つまり温熱環境の改善に欠かせない窓の断熱については

昨年大型補助金が活用され

多くのお客様に喜んでいただきました!


今年も補助金が確定しております^^

ただ条件が厳しくなっていたりする部分

減額されている部分もあるなど昨年同様?

とはなっていないですね


昨年大フィーバーした『内窓工事』については補助額が縮小されました。。

そのかわり、サッシごと取替、もしくは既存のアルミ枠を残して樹脂枠のサッシにリニューアルする
『外窓工事』は逆に補助額がかなりアップしました


正直なところ まだ制度はスタートされていないですが

もう着工しても大丈夫です

給湯器も今年は補助が多く見込めるため 

昨年より補助金を利用する方は増える見込みです


んーーーーーうちの給湯器壊れて入替えたのですが補助金ゼロでしたから

ちょっと悔しいです^^;

こうならないように 古い給湯器

特に電気温水器をご利用の方はこの機会に入替えたほうがいいと思います

電気温水器は電気を多量にしますからね^^;

ブレーカーは落ちてない!でも所々電気使えない!?

こんにちは!

先日ブログで
耐震化がすすまない!と書いたばかりですが
今朝の福井新聞で耐震改修問い合わせ殺到!と出ていてホっとした代表の小澤雅志です^^


『家のブレーカーが落ちていないのに家の中で点かない照明や使えないコンセントがある。見に来てほしい!』
とお客様からお電話をいただきました

症状からみるに、漏電しているわけでもなく、ブレーカーも落ちてなく、まったく使えないわけでもなく。。。
となると。。。

これは電柱のヒューズがきれているパターンでほぼ間違いないな、と。。。

すぐに北陸電力送配電に電話して対応をしていただくようにお話しました

ちなみに電柱のヒュースは普段我々はあまり興味もないですが、こんな感じになりますね
hyu-zu1.jpghyu-zu2.jpg

お昼までに北陸電力送配電がきて、直してくれた、とのこと

よかったです^^

たまーにありますね この現象

皆さまもそんなことあるんかいなー、、、とおぼえておいてくださいね^^

耐震診断と耐震改修工事の現実

こんにちは
雪の予報を聞くと、スキー場だけにしてください、、、と思わずにいられない
代表の小澤雅志です。

被災地には特に降ってほしくないですが、こればかりはどうにもなりません


能登地震が発生して既存住宅の耐震化が注目されています

しかし日本全国どこをみても耐震化率は数字だけみると

そこそこ進んでいるのかもしれません

福井市は80%くらいはクリアしていたはず

ただ福井県内の周辺自治体は案外進んでいないのが現実


ちなみに被災地である珠洲市は50%くらいでしょうか

輪島市にいたっては50%未満だったかもしれないです。。。

軒並み倒壊している印象が報道から強く感じ取れますが

すべてが崩壊しているわけでもないです

報道では被災している状況ばかりが映し出されていますので

自分たちには知るよしもないですが。。。

福井県でも耐震診断はエンドユーザーから見ると格安でできますが

その改修費用がかなりの金額になるため

躊躇される方が実はほとんどです


だから肌感覚で耐震化率ってほんとにあがっとるんかな?

と疑問に思います


もちろんお金でなく命を守るためには当然最優先されるべき事項ではありますが

現実はそんなに甘くない

だから能登もあれだけ群発地震が起きていても

思うほど進まないジレンマがあったことと存じます

実際単独での耐震改修はハードルが高い現実を考えると

リフォームやリノベーションの際に考えるのが妥当ですね

特に屋根が重たい住宅

主に瓦葺きになりますが

築年数が経っている住宅ほど早めに耐震診断と耐震改修工事をお勧めします

今回の能登地震ではほとんどが耐震化率が上がっていない

瓦葺き屋根の住宅がかなりの割合で倒壊しているように見受けられます

新築の場合はかなり頑丈に作りますので

問題になる事はあまりありませんが

やはり既存住宅をどうするか

これから真剣にさらに考えていかないといけない

そんな気がする今日この頃です


ただ まずは耐震診断をおすすめいたします

すべてはそこから始まりますので

【重要】液状化分布を確認しましょう

こんにちは代表の小澤雅志です

震源地である能登などが注目されるなか
時間が経つにつれ福井県内での地震被害が深刻化していることがみえてきました

ニュースを見るたびに被害の全容が明らかになり
その度に心が揺れ動く思いです

住宅の建築に携わる者として
お客様の命と財産を守るために何ができるか
いま一度襟を正す必要があります


地震に対して脆弱な建物を造ることはもはや許されない時代です

積雪地域での設計上の難しさもありますが
耐震等級2以上 できれば3を目指すべきですね

これについては別途詳しくブログでご説明します

しかしながら丈夫な建物でも
液状化による被害があると家を守るのが難しくなります

液状化に強い土地を選び
その上で地盤の改良工事や強固な基礎作りが欠かせません

新築においてはこれらの対策が特に重要です


リフォームリノベーションにおいては土地変更が難しいため留意が必要です

土地は変えられない
その現実を踏まえ
リフォームリノベーションにおけるアプローチも変わってきます

これに関しても別のブログで詳細に触れていきます


さて
土地選びの基本としてハザードマップを確認することが当たり前となっています

さらに
液状化の危険度に関する情報が
内閣府の防災情報ページに掲載されています。


内閣府の防災情報ページ
messageImage_1705705616659_0.jpg
https://www.bousai.go.jp/taisaku/chuogyoumukeizoku/todoufuken.html

石川県の液状化分布図からの教訓
https://www.bousai.go.jp/taisaku/chuogyoumukeizoku/pdf/17_ishikawa.pdf
messageImage_1705705671329_0.jpg
これをみると能登半島の内灘やかほくなどでは
相当の液状化被害の可能性が高いことが確認できます

では福井県ではどうか?
https://www.bousai.go.jp/taisaku/chuogyoumukeizoku/pdf/18_fukui.pdf
messageImage_1705705726288_0.jpg

坂井平野やあわら方面 北潟湖周辺 三国など
やはりこれらの資料はかなり信憑性が高いといえると思います

安価な建物 そして住みやすさ
これだけで家を建てることのないようしていかなければならないですね

繰り返し地震の怖さ

こんにちは

昨日は能登を中心に地震が発生しました

被害は甚大でまだまだ全容はみえてこないですが

朝になって見えてきた部分があまりに凄惨で言葉がなく。。。

本当につらくなってきます

しかし本当につらいのは被災された皆さまや大事な家族をなくした方たちです。。。

心よりお見舞いと哀悼の意を表します

建築に携わるものの使命として

やはり生活の根幹の一つである『住』をしっかり守っていくことは

あらためて重要な責務であると認識させられます


まだ何もわかってはいないことばかりではありますが

近年度重なる地震が能登地方を襲い

今回の震度7で決定的になったのは

繰り返し地震に対するダメージの重要性だと強く感じました


能登は昨年も大きな地震がありましたし

過去にもかなり大きなエネルギーの地震が起こりました


近年の地震対策がしっかりとれている建物であれば

まだなんとかなっていたかもしれないですが

古くダメージを受けていることが大惨事につながってしまったのでしょうか


今の自分に何ができるか

いま一度考えていくことといたします

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに

行方不明のかたの少しでも早い救出を

そして救助などに携わるすべての方の無事をお祈り申し上げます

安全持続性能の重要性を感じた。。。玄関の段差について

こんにちは!今年の元旦は落ち着いた天気で穏やか~な気持ちで新年を迎えている
代表の小澤雅志です^^

新年あけましておめでとうございます!

昨年一年も無事に過ごすことができました

ありがとうございます

本年もよろしくお願いいたします


先日『安全持続性能の会』のZOOM会議で

玄関の靴を脱ぐところ(いわゆる玄関框)の段差について

話し合いがありました

とうか 私が一方的に質問していただけ?かもしれません


結論からいえば

考え方の理解を得られるのであれば 「玄関かまち」の段差はないほうがいいですね

unnamed.jpg

これは先日あるお客様のお宅での一コマです

朝 デイサービスのお迎えにきてくれました

決して広くない玄関内で車椅子を展開しながら

しかも家の中まで利用者さんを車椅子に乗せて

お連れしないとならないのです


ご家族も利用者さまご本人もそして職員さんも
必要以上に大変ご苦労をされていました

玄関カマチ部分の段差をとればこの問題は解決します


もちろん靴の脱ぎやすさ

土ぼこりを家の中まで呼び込まないか

など

考えないと行けない部分はありますが

それでもメリットのほうが大きいですね

年をとって怪我をして入院すると

普通はそのまま家に帰ってくることができない場合が多いですが

退院するときにすぐに帰れる家にしておくことが大事です

みんな年をとるので 

そこはよく説明を聞いて判断できるといいですね
^^