リフォーム工事は新築工事より難しいといわれています

建物の年代や築年数・各建設会社の設計・構造を見極めながら、見えない部分の劣化状態を予測して、プランをたて見積もりいたします。既存図面がない場合もあります。

家の一部をリフォームする場合、工事をしない部分に影響しない解体のやり方が必要なときもあります。

また、既存部分との取り合いがなるべく美しく不自然にならないよう、リフォーム独特の「納まり」が必要です。

お客様のご希望をかなえながら、コストを抑えるプランニングや工法、リフォームに適した製品の選び方があります。

お住まいになりながらの工事の場合、生活にできるかぎり不便をおかけしないような配慮が必要になります。

。。。。ですから、リフォームは
「新築より手間がかかる」
「高い技術と経験に基づく現場対応力が求められる」

といわれています。

小澤工務店のリフォームを担当するのは、長年にわたってリフォーム工事をてがけた経験豊かなスタッフ・職人です。

愛着のある大切なお住まいを安心してお任せいただき、棟梁のいる、ホームDrである地元工務店でリフォームをしてはいかがでしょう。

住まいのリフォーム
 = 暮らしのリセット

「家」だけでなく、「家族」を見つめる

住まいのリフォームを考えるとき。
それは暮らしに「変化」がおきたときです。

住まう人が高齢になったり、人数が増えたり。
暮らし方を見直すターニングポイントとして、
「今」だけでなく、「5年後」「10年後」のご家族の将来を見据えながらご一緒に考えさせていただきます。

小澤のリフォーム

  • 建物の状態を検査
  • ご家族の暮らし方や家具・持ち物を拝見
  • ご家族からのヒアリング

ご家族自身で認識されている不満・不安・ご希望だけでなく多数のリフォーム実績を持つ、私たちが客観的な目で見て、
暮らしをよりよくするためのリフォームをご提案させていただきます。

住まいを守っていくこと
 = 家族を守っていくこと

大切なご家族の財産を守るために

エコが主流の今

「いいものを造り、きちんと手入れして、長く大切に使う」

短時間サイクルの立て替えではなく、ストック型への移行が求められている時代です。

大切な財産である「家」を愛情をもって、計画的に管理していくお手伝いをいたします。

家は人と同じです。
人は年齢が進めばどこかしらガタがきます。

家も年数がたてば、痛みがでたり、壊れたりします。
それをほおっておけば、建て直しが必要になることも。

早め早めにメンテナンスすることが家の寿命を伸ばし、修繕費用もローコストになります。

小澤のリフォームはお客様の財産をお守りします。

家守り
 = 住まいのかかりつけ医として

地元工務店だからできる

小澤工務店は地元のみなさまの為に小さなことから一生懸命とりくみ、お役に立ちたいと思っております。
自然災害や日々の生活の中でおきる突発的な事態はさけられません。

そんなとき

「どこに頼んだらいいのだろう」

そんな「困った」ときの119番として

いつでも
どんなときでも

お気軽にご相談ください。

地元だからできるフットワークですぐにお伺いします。