ハウスメーカーのお宅をリフォームすることになりました

※お断り※

所在地の特定が推察されるため、写真の掲載はできません。。。
ご了承ください

さて

あるハウスメーカーで30年くらい前に建てた方が、

『地元で長年続けて信頼できる小澤工務店に頼む』

と、家電量販店などと相見積もりのうえ、

お仕事をさせていただけることになりました。

ご依頼いただき、ありがとうございます<(_ _)>

ただそのお宅、1階の部屋がすごい雨漏りした形跡が・・・・

その上は。。。ベランダになっています。

おざわ『これ、いつから漏れていたんですか?( ̄□ ̄|||)』

お客様『しばらく住んでなかったから・・・』

ただ先日結構派手な雷雨のときは漏れなかったんですよね。

これってどういうことやろ・・・

これはもともと建てたハウスメーカー(HM)さんが関係してくるところかも、

ということでお客様と相談のうえ、

ハウスメーカーさんに来てもらいました。

   リフォーム“うち”でするのにすいません<(_ _)><(_ _)>

いろいろと軽く下見をされまして・・・・

HMさん『経年劣化の可能性がありますかね・・・調査が必要ですね』

   “うんうん、そうだよな、調査しないとわかんないよね”

HMさん『調査の前受金として10万円お願いします』

   “( ̄△ ̄;)エッ・・? 工事も何もしないのに?”

お客様が驚いていました(苦笑)

まあ、実際調査はかなり大変ですし、10万持って逃げるHMなわけないですし(苦笑)。

工事前提でなければ、ややこしい調査は有料でもやむなしのときもあります。

壁をとってみないと、床をまくってみないと、天井をまくってみないと・・・

とにかくわかりにくいのが雨漏りです。

まだ木造と鉄骨などの場合でも漏れ方が違います。

業界では知らない人は初心者さんくらいだと思いますが、

お客様は知らなくて当たり前のことです。

ですから色々と調査をして判断することは、すごく重要です。

人間も同じですよね。

お腹痛い
  ↓
じゃあ、お腹切って手術ですね!

とはなりませんよね。

検査して、腹痛の原因突き止めて、それで手術なり治療する。

体を守ることも家を守ることも同じですね。

その『健康』を維持するための早期発見により

ダメージを最小限に抑えるために

『かかりつけ医』は必要です。

皆さんの信頼できるかかりつけ医を、

できるだけ近くで見つけておいてくださいね。

コメント


認証コード5315

コメントは管理者の承認後に表示されます。