勘違いで施工するとどうなるのか


こうなります。

排水不良
腐朽菌で柱の下がない

とあるお客様のお宅で、見積もりをするために外壁の調査をしていたときの外部の柱の根っこ部分です。

あらためて水仕舞いの大切さを痛感しました。

収まりを考えきれずに施工をしてしまう業者のなかには、『ここから水が入る!』とって、色んな所すべて塞いでしまうことがよくあります。

屋根のリフォーム訪問販売業者が、瓦の重なり部分へ縦横無尽にコーキング処理をして、高額な請求をしていくことがあるようです。

一見、水が入らないように、ということで、お客様も納得してしまうらしいですが、やはり出口を塞いでいることに変わりありません。

屋根や外壁の上部分から水が入ったときに、下でどこかに抜けるようにしてあげることが重要です。

出口をつくらないでおくと、入った水の行き場がなくなります。

その結果、常に濡れた状態になり、木を腐らせる、鉄を錆びさせるなどの悪影響がかなりの確率で出てきます。

正確な診断ができる人(住まいの医者)が近くにいる人は安心ですね。

うちのお客様には安心していただいている、と思っているのは、自分だけだろうか(苦笑)

コメント


認証コード1536

コメントは管理者の承認後に表示されます。