炭化コルク

炭化コルクは商品にならないバージンコルクや、ワイン栓に使うコルクの残りなどを廃棄利用し、蒸し焼きにして炭にしたものです。
炭化コルク

特徴① 断熱性能
優れた断熱性能(0.039W/m・k)を持っており、宇宙飛行士の安全確保からスペースシャトルの断熱材としても使用されています。

特徴② 防音性能
音の振動を遮るため、防音だけでなく吸音性にも優れているため、従来の高断熱・高気密住宅の「音が響く」という弱点を解消します。

特徴③ 調湿性能
炭化することでコルクの気泡部分が開き、空気中の水分を吸収したり吐き出したりする性質を持つようになります。
乾燥した冬、ジメジメした夏、この炭化コルクが湿気をコントロールします。

特徴④ 防虫性能
コルク樫の木には、虫から身を守るために忌避成分のあるスベリンという物質があり、虫やダニを寄せつけない優れた防虫性能を発揮します。

特徴⑤ 耐浸食性能
炭化したコルクは通気性・防虫性があり栄養分も無いので長く腐らず、その形状と弾力性を保ち、断熱性能を長期に渡り維持します。

【施工例】
炭化コルク施工例

無添加住宅のページにもどる→