グリーン住宅ポイント制度

一定の省エネ性能を有する住宅の新築、エコリフォーム、省エネ性能を満たす完成済みの新築住宅の購入に対して、省エネ・環境配慮商品、追加工事費、または地域特産品等と交換できるポイントを発行する国土交通省の制度です。

詳しくはこちら ⇒ 省エネ住宅ポイント制度

令和2年度 福井県木造住宅耐震化促進事業(耐震診断等)

福井県と各市町が連携して、住宅の耐震化を促進するために、耐震診断と補強プラン作成を支援しています。
各市町から委託を受けた福井県木造住宅耐震診断士が、住宅の耐震性能を診断します。
耐震性能が不十分な場合、具体的な耐震補強方法や概算の費用など簡易な補強プランを作成。
住宅全体の耐震改修が困難な方向けに部分的な耐震改修工事に向けた補強プラン作成も行っております。

詳しくはこちら ⇒ 住宅耐震化促進事業

介護保険

介護のために必要な住宅リフォームは介護保険が利用できます。
手すりの取り付けや、段差の解消といった生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して、自治体から要介護区分に関係なく20万円を上限とした住宅改修費が支給されます。
ただしその1割は自己負担となります。

原則として工事着工の前にあらかじめ「市区町村の同意」を得ておかなければなりません。
工事の前に保険給付の対象となるかをケアマネージャーまたは市区町村の窓口に相談しましょう。

改修の内容

◎手すりの取り付け
◎段差の解消
◎滑りの防止
◎移動する際の円滑化のための床や通路面の材料の変更
◎開き戸から引き戸への扉の取替え
◎和式便器から洋式便器への便器の取替え
◎その他、これらの住宅改修に伴って必要となる住宅改修

利用限度額は20万(1回限り)

改修費用の合計が20万円に達するまでは、何度でも住宅改修費の支給を受けることができます。引っ越しをした場合や要介護度が著しく高くなった場合は再度支給を受けることができます。