住宅版エコポイント、対象を拡充 10年度補正で

 政府は平成22年10月の臨時国会に提出した2010年度補正予算の骨格を固め、延長・拡充する住宅版エコポイント制度の方針を決めた。

従来のサッシや断熱材に追加されるのは

  • 住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)
  • 節水型便器
  • 高断熱浴槽

 それぞれ2万ポイントを予定しております。

 同制度は、省エネ性能の高い住宅の新築や改修に上限30万円相当のポイントを付与するもの。当初は年内の着工までだったが、9月に閣議決定した追加経済対策で1411億円を計上し、来年末までに延長した。

  • 太陽光発電やエコキュートは対象外のようです

※住宅エコポイントの対象拡充は、平成22年度補正予算が国会において成立した後に実施####されます。詳細が決まり次第、お知らせいたします。

現段階での詳細はこちらをどうぞ