既存住宅流通活性化事業による最大100万円の補助金

既存住宅の利用価値を高め、中古住宅の流通を促進するための政策として、一戸あたり最大100万円の補助金が支給されます。

過去最大の所得税減税

「一般住宅」で最大500万円までの控除(3000万円の借入なら300万円・22年度中の入居に限ります。)
「長期優良住宅」なら最大600万円までの控除(23年度中の入居に限ります。順次平成25年まで控除額は減額

金利が史上最安値

フラット35S(優良住宅取得支援制度)利用なら、10年まで1.0%、20年まで0.3%の金利を引き下げ。3000万円・35年返済の場合、トータルで326万円の利息が不要になります。

手厚くなった補助制度

住宅用エコポイント制度 新築・リフォーム共上限30万円

太陽光発電システム 国:7万円・福井県:3.6万円・市町:1.2万円等

尚、固定買取制度導入で余剰電力は48円/kwhで売電でき、家庭の電気代は非常に安くなります。

その他補助制度

エコキュート補助金(4万円)は、平成22年度の募集は終了しました。次回予定は未定となっています。