地盤沈下した建物は直せます

地盤沈下とは、地盤となる土中に異物が混入していたり、軟弱である事等が原因となり、地盤が圧縮されて建造物等が沈んでいく現象のことを指します。建造物の破損や地中ガス管の破損等、様々な問題を引き起こす原因でもあります。

また建造物の問題のみならず、住人にとっても不快感だけでなく、体調不良をひきおこす場合もあります。

そんな地盤沈下を修正する工事にはいくつか種類があります。

その中でも樹脂・ウレタン注入工法や一般液材注入工法は、注入材が膨張する工法のため、工期短縮や手軽さというメリットはあるものの、耐久性があまりないのが欠点と言えます。

また鋼管を継ぎ足しながら打ち込んでいくアンダーピニング工法は、固い地盤まで届いているかどうかの判別ができず、何年か経つと再沈下が起こるなど、問題になっているところもあります。

ではどうすれば?

注入工法とアンダーピニング工法の長所を活かし、なおかつ改良を施したダブルロック工法をご存じでしょうか。

ダブルロック工法は、地震で他の工法が建物崩壊などの被害が起きた中、隣接するダブルロック工法の施工物件は、地盤の盛り上がりだけで済むなどの実例あります。

地盤沈下対策協会 施工実績は全国NO1です。

公の機関でもある(財)住宅保証機構の沈下修正工事にも対応しており、その信頼性は確かなものです。

長所は

施工が人の作業スペースで出来・大きな固定プラント・などが要りません。
他の工法より早くできます。
他の工法より値段が安くなります。
硬化時間が5秒と速い。

短所 材料は・固まるまでは・樹木等に影響する可能性があります。(固まればコンクリートの様に大丈夫です)

その他の特徴を以下に上げます。



基礎の所々だけでなく建物下の地盤全体を固めるので、地震などにも強い
※ 耐久性が有り建物沈下修正に、10年の保証が出来ます。
※ 地盤全体を調整するためベタ基礎だけでなく布基礎でも、対応可能です。
鉄筋コンクリート6階建てなど、重量物の沈下修正も可能です。
当協会開発の工法でミリ単位の精度を出せ、同時に工期が早いです。
建物の中からも施工可能です。